ポッドキャスト:ジョージチャーチラボの水の中は何ですか?

Christina Swords、Ph.D。が編集

ホルヘ・コンデ(JC)のアンドリーセン・ホロヴィッツ(a16z)最近、NebulaGenomicsの共同創設者であるGeorgeChurch(GC)と話をしました。 ホルヘとジョージが病気の診断と予防について話し合うとき[14:15]そして、全ゲノム配列決定を受けた人の数がまだ非常に少ない理由[19:35]、それは私たちに星雲での私たちの使命と私たちが毎日取り組んでいることを思い出させます。

14:15-全ゲノムシーケンスを使用した病気の診断と予防。

JC:「私たちが病気を治療したり、病気を管理したり、さらには病気を診断したりする方法において、次の非増分ステップ関数の変化は何だと思いますか?」

GC:「まず第一に、私たちが診断を始めたら、それは本当に大きなことになるでしょう。 人口として、世界中でさえ、私たちは過小診断されています。 非常に費用対効果の高い診断がたくさんあります[…]そしてケア提供者はそれほど補償されていません[for them]なので[for]効果は劣りますが、高価な薬です。 ですから、診断は素晴らしいでしょう。」

JC:「基本的に、インセンティブと人間の行動がずれていると、実際にどれだけの予防策が講じられているのかが軽減されたとおっしゃっていますか?」

GC:「そうです。 だが[personal genetics]より多くの診断と予防を行うことができるように、大きな進歩となるでしょう。 さて、遺伝学の究極の診断は全ゲノム配列決定です[…]。」

19:35-3つの理由[mass adoption of whole ゲノム sequencing]まだ起こっていないのですか?

シーケンシングのコストに関するGC:「コストはおそらくゼロドルになるはずです。」

ゲノムデータのプライバシーに関するGC:「他の誰もが自分のゲノムを知らなくても、自分のゲノムから利益を得るという説得力のあるメカニズムが必要です。 私たちはどこに何かを持っている必要があります[it can be used in an]暗号化された形式で、保険や政府を含む誰も利用できません。」

ゲノムデータの価値に関するGC:「ほとんどの人はその価値を理解していません[of personal genomic データ]。 それは誤って伝えられていますが、両方の極端なものです。 とても価値があるので、1日に2回携帯電話を取り出してしまうと言う人もいれば、これまで使ったことが想像できないと言う人もいます。 そして現実はその中間にある[…]」