ボディマス指数(BMI)(アンダーソン、2020)

東グリーンランドのタシラク港の写真

研究タイトル: 11番染色体の新規遺伝子間変異体の派生対立遺伝子は、グリーンランダーの肥満度指数の低下と好ましい代謝表現型に関連しています

概要:ボディマス指数の低下、インスリン抵抗性の低下、および血中脂質レベルの低下に関連する11番染色体上の新規領域の同定。

概要:肥満は、環境と遺伝の危険因子の組み合わせによって引き起こされる深刻な健康問題です。 それは世界中で蔓延している。 ゲノムワイド関連研究により、肥満の代用であるボディマス指数(BMI)に関連する約1,000の遺伝的変異が特定されていますが、これらの遺伝的変異はBMIの遺伝率の約6%しか説明していません。 この研究では、研究者は4,600人以上のグリーンランダーのゲノムを調べました。 これは、BMIに関連する追加の遺伝的変異を特定するために、他では見られない遺伝的多様性を抱える孤立した集団です。 彼らは、11番染色体上に遺伝子変異を発見しました。遺伝子間領域。 効果対立遺伝子は、BMIの低下、インスリン抵抗性の低下、および血中脂質レベルの上昇と有意に関連しています。

知ってますか? 歴史的に、グリーンランダーは食糧供給が限られているため、長期間の断食に耐えなければなりませんでした。 彼らの地理的位置のために、彼らの食事は高脂肪であり、主に魚で構成されています。 したがって、脂肪を貯蔵する代わりに燃焼する能力が強化されているため、肥満を発症するリスクが低くなっている可能性があります。 [SOURCE]

サンプル結果:詳細については、星雲研究図書館

BMIサンプル結果

BMI関連のバリアント: rs4936356

追加のリソース:
太りすぎと肥満
ボディマス指数(BMI)

毎週の更新: 2020年2月8日