HIV耐性(サムソン、1996年)

研究タイトル: CCR-5ケモカイン受容体遺伝子の変異対立遺伝子を持つ白人個人におけるHIV-1感染への耐性

概要:ヒト免疫不全ウイルス(HIV)耐性を付与する一般的な遺伝的変異の同定。

概要:ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、感染と戦うために必要な白血球を殺すことによって免疫系を破壊します。 この病気は後天性免疫不全症候群(AIDS)と呼ばれています。 CCR5は、白血球の表面にあるタンパク質で、HIVに結合し、細胞に侵入するために使用されます。 この研究では、ヨーロッパ系の1400人以上の個人のCCR5遺伝子を調べて、HIV感染のリスクに関連する可能性のある遺伝的変異を見つけました。 この研究では、比較的一般的なバリアント(32塩基の欠失)が、CCR5遺伝子の両方のコピーに存在する場合、HIV感染に対してほぼ完全な耐性を与えることを発見しました。 この変異体を含むCCR5タンパク質は、HIVが白血球に侵入するために効率的に使用できないようです。

知ってますか? HIV耐性を付与するCCR5遺伝子の遺伝的変異は、ヨーロッパ系の個人では比較的一般的ですが、アフリカ系の個人では見られません。 [SOURCE]

サンプル結果:詳細については、星雲研究図書館

HIV耐性サンプルの結果

分析されたバリアント: rs333

追加のリソース:
HIVとエイズとは何ですか?
HIV&エイズ(ビデオ)

毎週の更新: 2020年2月15日